スマートフォン版はこちら

  • 本能寺について
  • 本能寺の縁起
  • 住職からのお話
  • 織田信長と本能寺
  • 御朱印と御守り

朝夕のお勤め

Facebook

Twitter

Instagram

御朱印と御守り

トップページ本能寺について>住職からのお話

住職からのお話

大本山本能寺第140世貫首 桃井日英でございます。

当ホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。

本能寺は門祖日隆聖人によって創建されて以来約600年を数える「本門八品上行所伝本因下種之南無妙法蓮華経」を聞信口唱する法華宗(本門流)の大本山であります。

山林を去り市中にあって多くの人々に「南無妙法蓮華経」をお伝えするために創建当時より町の中心地に位置しております。

このためしばしば災禍をこうむり地を変えること4度、堂宇を再興すること7度におよび、今日に至っております。

法華経の方便品に「言辞柔難 悦可衆心」(佛の言葉は柔らかく、人々の心を歓ばせる)と説かれております。

当ホームページをご覧いただき、この経文の如く本能寺に訪れた多くの皆様が仏様とふれあい歓んでお参りいただけたらと願っております。

大本山本能寺第140世貫首 桃井日英

桃井日英